キッチン&サニタリー
エコ
快適設備
防災
構造

暮らしの大きな安心をもたらす、目に見えない基本構造への飽くなきこだわり。

1 二重天井

床スラブと天井との間に、配線・配管スペースを確保した二重天井を採用。メンテナンスや将来のリフォームが容易になります。

2 床スラブ

建物の主要構造部である、上下階住戸間の床スラブに約200〜320mmの厚さを確保。強度はもちろん、下階への遮音性にも配慮しています。

3 ダブル配筋

建物の耐震性と耐久性に配慮して、床や耐力壁など主要構造部のコンクリート内に、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。

4 溶接閉鎖型筋

柱の帯筋に、継ぎ目が溶接された閉鎖型筋を採用(外周部のみ)。地震時に発生するせん断力に対して粘り強く、耐震性に配慮しています。

5 フローリング(特殊クッションシート付)

フローリング材は、軽量床衝撃音低減性能が推定L等級LL-45(△L等級△LL(I)-4)のものを採用。遮音性が高く、プライバシーを確保します。
※実際の遮音性を保証するものではありません。

コンクリートかぶり厚

かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのこと。「エムズシティ知立THE TOWER」では建築基準法で定められた厚さを遵守。コンクリートの中性化にともなう鉄筋のサビや劣化などを抑制します。

次世代省エネ基準の断熱設計

建物外部の環境に対して安定した室内温熱環境を実現するとともに、冷暖房効果を高め、省エネルギーを実現するために、外気に面した壁や屋根に断熱材を施しています。

住宅性能評価書

2つの「住宅性能評価書」を取得し、建物の性能・品質の高さを証明。上質な住まいの“鑑定書”といえる「住宅性能評価書」には、設計段階を対象とする「設計住宅性能評価書」と施工・完成段階を対象とする「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

外壁

約100mm厚の軽量気泡コンクリートパネルを採用。内断熱を施すために、屋内側に現場発泡ウレタンフォームを吹き付けています。
※一部除く

サッシ等級

室内の快適性を高めるため、一部住戸の窓に遮音性能T2等級相当のサッシを採用しています。外部からの音を約30デシベル軽減します。
※遮音性能はあくまでサッシ単体での実験値です。実際には窓の大きさ・場所・周辺環境等により性能は異なります。

5 アウトポール設計

構造柱を専有部より外側へ出したアウトポール設計を採用。居室内に柱の出っ張りがなくなり、デッドスペースのないすっきりとした空間を実現します。
※一部除く

排水管遮音対策

排水音を軽減するため、遮音対策を施しています。
※一部除く

※記載しております品質、性能、技術などにつきまして、部位によって該当しない項目もありますのでご了承ください。